清須城の信長と濃姫像2017年06月21日 20時52分02秒

清州城の信長と濃姫の像
 長い間の懸案であった名古屋城、小田原城の写真を撮りに行った 途中であの「清州会議」でしられる清州城に寄った この城は江戸初期に廃城になったので当然存在しない 因みに後に造られた名古屋城には此処から移築したとされる「清洲櫓」がある

 それでもなんと「立派な天守閣」があった 1989年に造られた模擬城である 場所も外観も異なる現代の城である それでも無いよりは心ときめく

 本当の城は川の反対側にあった 今は清州公園になっている その小高い丘の木立の中に信長とその妻濃姫の像があった やや地味ともいえる像だったが、歴史ロマンは十分感じさせられた

 此処には15c後半、守護代であった信長の父、信秀が入城した のち信長がこの城を居城にした そこから「天下布武」が始まる 彼の妻「濃姫」は文字通り「美濃の姫」、斎藤道三の娘である だが歴史には詳しい逸話は残っていない 映像の世界を含めて想像の世界である 

 近くに信長を祀る小さな祠があった 説明がなければ傍に来ても気が付かないようなものである 信長の墓、慰霊塔は京都を初め各地に点在する 存在の大きな人物である

 清州城は関ケ原後、徳川義直が入城したが、西国大名の築城による立派な名古屋城ができると廃城となり、尾張の中心は名古屋に移った 移ろう戦国の歴史である

  内部リンク・・清州城
   http://konotabi.com/Photo2017/JPNAichiKiyosujo/top.html

さりげない鴨川の春2017年04月30日 11時56分26秒

京都・鴨川の春
 ここは京都市下京区を流れる鴨川である この川には数多くの橋が架かるが、その一つ塩小路橋脇の河原から撮ったものである 歩いていてふと撮ったショットである

 ご存じ鴨川は京都のシンボルの一つで日本国中に知られるが、地元民にとってはごく当たり前の風景である それが観光客には新鮮でもある 「歴史と日常」の共存である

 京都のすごさは、何気なく目に入る景色が実は「歴史的大事件」の現場だったり、「これは何かの歴史現場?」と思っていても何もなかったり・・という奥の深さである

 皆さんには「どういうってことない」風景でしょうが、筆者にはシャッターを押させる風景だった お邪魔しました

やはり美しい日本三名塔2017年04月11日 22時47分28秒

日本三名塔・瑠璃光寺・五重塔
 ここは山口市にある瑠璃光寺、この塔は国宝で三名塔のひとつ五重塔である 他の二つは法隆寺五重塔と醍醐寺五重塔である

 ご存じ「大内氏の文化」である 屋根の反りは曲線的で美しく、三名塔の中でも際立っている 作家司馬遼太郎が「山口は良い塔をもっている」と絶賛した塔である

 姿が美しい上、周辺の桜と相まって見た人の記憶から消えることがない景色である 写真を見ていただければ、これ以上の説明は不要であろうか そういう場所にまた来てしまった

 <内部リンク>
 雪舟ゆかりの山口・島根の寺社の春
  http://konotabi.com/Photo2017/JPNYamaguchiShimane/top.html

眺望の良い白馬の岩岳スキーエリア2017年02月12日 19時18分21秒

Iwatake skiarea, Hakuba, Nagano pref.
 この冬も例年通り白馬のスキーエリアに行ってきた 数週間前までは「雪不足」で心配していたが、「冬将軍」の到来で一挙に例年並みとなり、ルンルン気分でドライヴし定宿に向かった

 ただ最初の二日間くらいは雪嵐に近い天候で、スキーも写真も楽しめなかった ただ三日目くらいからは上天気になって雲も少なく「スキー日より」となった

 写真は白馬連峰にあるスキーエリアのひとつ、「岩岳エリア」からのものである 岩岳は有名な「学生スキーのメッカ」でよく知られるが、欠点は標高が低く周りのエリアとくらべてやや積雪量が少なめである

 ただ此処には大変な「ウリ」がある それは眺望である 写真を撮ったのはほぼ頂上であるが、写真のように冬季オリンピックがひらかれた「八方尾根スキー場」のほとんどが一望できる 「八方」はここからの景色が一番良いのである

 さらに写真左には「白馬47スキーエリア」のかなりが見えている ここには登場しないが、右手の反対側には「栂池高原エリア」や運が良ければ奥に「コルチナエリア」の一部が遠望できる これらは白馬村ではなく、隣の小谷(おたり)村である

 もっと言えば、多くの山々が近くに見える まず「白馬三山」の白馬岳、白馬鑓、杓子岳が迫る やや離れて唐松岳、五龍岳などほぼ3000mに近い雪山が広がっている こういう山は夏山登山でも知られ魅力的であり、ホントに嬉しくなるエリアなのである

(内部リンク)
信州・白馬のスキーエリア(長野県)
 http://konotabi.com/Photo2017/JPNNaganoHakubaSki/top.html
信州・志賀高原のスキーエリア(長野県)
 http://konotabi.com/Photo2017/JPNNaganoShigaKogenWnterSki/top.html
信州・冬のオブジェ(長野県) 
 http://konotabi.com/Photo2017/JPNNaganoSnowObjet/top.html

秋の神護寺の紅葉2016年11月25日 21時31分45秒

京都・神護寺の秋
 今年も来てしまった奈良と京都 私の趣味は寺社巡り 神護寺はすでにきているが、奈良の帰りふと思いついて寄ってしまった

 神護寺は空海縁でわが岡山出身の和気清麻呂縁の古刹だ 不思議に足が向いた やはり来てよかった

 そういう写真がこの一枚で、まさに秋そのものだ ご覧になっていただけたら大変うれしい

 <内部リンク>和気清麻呂・空海ゆかりの京都・神護寺の秋
  http://konotabi.com/Photo2016/JPNKyotoJingojiTemple/top.html

リトアニア・ビルニウス・聖ペテロ-パウロ教会のマリア像2016年05月04日 21時32分38秒

聖ペテロ&パウロ教会のマリア像
 「このたびのたび」はバルト三国に行ってきた そのうちの一つリトアニアは最も中世の雰囲気が残っている国である その首都ヴィルニウスも静かな落ち着いた町である

 その新市街に「聖ペテロ&パウロ教会」がある 「バロックの町」ヴィルニウスを代表する記念碑的な教会である 1668年から40年足らずでつくられた 外見もすてきだが内部はさらに美しい 漆喰装飾のついた白い壁の優雅な教会である

 その中に写真のマリア像が建っている 比較的新しい感じの像だが端正な顔、優しい面影は一瞬にして見るものを惹きつける しばらく見とれていた

 海外、特に西ヨーロッパでは多くの聖堂、教会を見てきたが、磔刑のキリスト像と同じくらいマリア像そしてマリアと幼子キリスト像が並ぶことが多い スペインを中心としたカトリックで「マリア信仰」があった マリアは「キリストの母」であると同時に、男性の「理想の母」「理想の女性」である

 そのため何処のマリア像も優しいし美しいし上品である 美化された女性の極致である そういう多くのマリアのなか此処でもすてきなマリアに会った 「マドンナ」、「ノートルダム」である まさに「私の女性」「私たちの女性」である

 (内部リンク)
 リトアニア・世界遺産・ヴィルニウス歴史地区:
   http://konotabi.com/Photo2016/BaltCountriesLietuvaVilnius/top.html
 世界のマリア様:
   http://konotabi.com/photoalbum/marias/notredame.htm

やはりステキ 醍醐寺五重塔と桜2016年04月07日 14時26分45秒

世界遺産・醍醐寺五重塔
 またまた来てしまった春の京都・醍醐寺 秀吉でなくとも来たくなるこの寺  ずっと以前「西国三十三カ所」の集印に上醍醐寺に来てはいるが、下醍醐はまったく違う雰囲気だ

 ちょうど雨上がり直後で光は写真向けではないが、多くの観光客がカメラや携帯を構えていた そういうなかのショットである 一部の垂れ桜は済んでいたが、まだまだほとんどの桜は「満開」状態であった さすが「日本三名塔」ではある

 内部リンク:醍醐寺の春2016
   http://konotabi.com/Photo2016/JPNKyotoSpringDaigoji/top.html

スキーの後のホットワイン!2015年08月30日 18時47分31秒

ニュージーランドのスキーエリア近くのバーで
 ここはニュージーランド・南島にあるカードローナ・スキーエリア近隣にあるこの国の「伝統的保存建造物」であるカードローナ・ホテル、その中庭である ここは名前通り、1865年創立の古いホテルである 日本で言うと幕末も幕末、京都の朝廷が開国に転じた年、慶応である

 日本ではもっと古い宿屋(ホテル)が無数にあるが、このような新しい国では十分古い建物である ちょうどこの国にも「ゴールド・ラッシュ」が起こり世界各国から「一攫千金」を夢見た男たちが集まってきた時代であった

 その時代の建物がほとんど手を加えられないまま残っている その写真は別にマイHP(ページ下部)に掲載されているが、木造平屋で屋根は「トタン板!」である その宿が今、宿泊代が食事抜きで日本円で一泊約2万円!だという

 それはともかく、私たちのスキーツアーではスキーの帰りにたいてい此処に立ち寄る 此処の人も外国人もたくさん立ち寄る たいていの人がバーで注文するのが「ホットワイン」である 日本人は国内ではあまり飲まないが、カナダでもヨーロッパでも普通の飲み物である 冷えた体を芯から温めてくれる なおかつ安い!

 さて写真だが、そのバー(ホテル)の中庭である 中央に大きな暖炉があり、赤々と火が燃えている その火の周りに客は集まりホットワインをいただく 自然と体も心も温まって会話も弾むし、外国人との「国際交流」も弾む そういうすてきな場所である

 内部リンク:クィーンズタウンとその周辺のスキーエリア
      http://konotabi.com/Photo2015/2015NZSkiTop/top.html

ニュージーランドの飛べない鳥、ウェカ2015年05月02日 00時06分28秒

ニュージーランドの飛べない鳥・ウエカ
 ニュージーランドの世界遺産、ミルフォード・トラックを歩いたことは前回書きました そのトレッキングの中で心に残ったことがいくつかありました

 ひとつはこの国の「自然保護」の姿勢です 「自然保護なら日本でもやっている」と言われそうですが、その姿勢がかなり徹底しているのです

 例えば固有種の保護です この国でも歴史的には「愚かな人間の行為」によって、固有の動植物が滅びたり大幅に減少しました それはもっとも最後にやってきたヨーロッパ系白人が犬、猫、羊など元々居なかった動物を持ち込んだことです

 それらが固有種を大いに減らしました もともと天敵の少なかったこの土地の動物、特に鳥は進化の途中で飛べなくなったり、他の動物を恐れなくなったりしていました

 だから彼らは人間が住むようになってからは急激に減ってゆきました やっと現代になって「固有の動植物の保護」が叫ばれるようになりました 今までの代わりといっては何ですが、結構厳しめに実行されるようになりました

 まずは「天敵」である動物の駆除です 方法は罠と毒餌です これで殺された動物は多数に上ります それでも今なお継続的に実行されています トレッキング径にも「毒を撒いている 毒餌に触るな、この一帯の動物は食べるな、動物の死体に触るな 犬が食べると死ぬ」などという警告が掲示されています
 
 いちばん保護されるべきはいわゆる「ブルーダック」といわれる鳥で、国全体で1000対(番)以下だといわれます それで今なお「絶滅危惧種」に指定されています 最近は人に見られることは少なくなりました

 そういう中でまだ比較的数が多いのが写真の飛べない鳥です ウエカ(ニュージーランド・クイナ)といいます 山野に生息し、私たちのトレッキング径にも出没し、人間の傍までやってきて靴が掘った後の土の虫を食べます まったく人を恐れません そういう鳥がミルフォードには他にもいっぱい居ます

 (参考内部リンク)「毒に注意!」
   http://konotabi.com/NZMilfordsoundTour2015/top.html#poison

世界遺産・ミルフォードトラックはすてき2015年04月24日 22時00分51秒

ミルフォード・トラックの最高地点マッキノン峠
 ニュージーランドの南島に世界遺産の「ミルフォード・サウンド」がある 氷河がつくった地形で今はすてきな湾になっている ノルウェー流に言えば「フィヨルド」である それは私たちが学校時代にテストでよく見た名前である ところが南半球にもフィヨルドがあったのだ

 そのエリアにやはり氷河が作った地形がある 「U字谷」という山間峡谷がすてきな景観をつくる さらに年降雨量6000-8000mmというとてつもない大雨がまた珍しい植生を生んだ コケとシダ類が繁茂するまるで恐竜映画のような舞台である

 そういうエリアに「世界でもっとも美しい散歩道」といわれる「ミルフォード・トラック」がある その全長はほぼ54km、およそ4日間でトレックする 世界のトレッキング・ファンからは「一度は歩きたいコース」として知られ喧伝されている

 此処を歩くのは私たちの前からの懸案であった それがやっと実現したのだから嬉しくないわけがない 参加したツアーのメンバーも「山歩き大好き人間」ばかりであった 「日本百名山」をすませたような健脚の方たちもいた ホテルでの話も花が咲いた

 そういうトレッキング・コースでの最高地点が1154mのマッキノン峠である 高さはさほどではないが、いろいろな意味で日本では得られない経験であった その詳細は下のマイHPでご覧頂きたい

  →内部リンク:「ミルフォード・トラックを歩く」
http://konotabi.com/NZMilfordsoundTour2015/top.html