やっぱり来て良かったフィヨルド2012年10月31日 12時10分59秒

フィヨルドの村の教会
 中学校の社会科で習って以来、写真や映像では何十回、何百回も見てきた氷蝕地形の「フィヨルド」をやっと見ることができた 結論から言うと、当然のことながら「映像より本物が良い」ということである

 何でも本物がよいというのは当たり前のことである 音楽でも絵画でもCDやDVD、イミテーションとは全然違う 本物しか持たないニュアンスや奥深さがある

 今までにサハラ砂漠、ロッキー・アルプス山脈、ナイアガラ瀑布、五大湖、地中海・・・など結構雄大な景色も見てきたが、何故か亜寒帯・寒帯のこの景色は見る機会がなかった

 今回の旅は列車の旅であったので、オスロ・ベルゲン間にある駅から出ているフラム鉄道に乗った この駅ミュールダールから出ているこの鉄道は「世界有数の急勾配」を走ることで知られる

 途中の駅前には落差百mはあろうかという水量豊かな大滝もある 途中の景色は雄大で紅葉も楽しめるうえ、さらに音は聞こえないが多くの滝が車窓から見える

 やがて列車は鉄道の名前であるフラムに着く ここは小さな村であったが、フィヨルドのいちばん奥まった場所にあるフェリーの発着場でもある 列車を降りた客は例外なくフェリ-に乗る ほとんど白人だが、中国人の団体さんも多くいる なぜか日本人の姿は見えない

 やがてフェリーが動き出すと、そこには雄大なフィヨルドの姿が屏風絵のように展開する 客室で背もたれ椅子に座ってガラス越しに見るより、最上部甲板で立って風に吹かれて見る方が素晴らしい

 写真の景色はフィヨルド内にたくさんある村落、牧場などを撮った内の一枚である 晩秋の斜めに差す強い光線が屹立した崖越しに木々や水面を照らす様子は言葉では表せない

 なおフィヨルドの写真集は下の親HPにあるので興味がある方はどうぞ
http://konotabino-tabi.sakura.ne.jp/Photo2012/NorthEuropeFramFjord/top.htm#Fjord

コメント

_ 高橋 佳和 ― 2012年11月09日 00時36分48秒

ヤマダ電機で接客させていただいた背の高い赤い服着た男です わたしもご主人のような大人になっていきたいと本当に思いました。わたしも音楽の火を消さずに誰かを感動させられる人間になりたいです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://okasiijaro.asablo.jp/blog/2012/10/31/6618403/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。