彦根城の夜景2017年07月12日 22時22分20秒

彦根城の夜景
 以前から行ってみたかった城(跡)が二つあった 一つは石田三成の佐和山城ともう一つは浅井長政の小谷城である 

 彦根には何度も行っているが、近くの佐和山城は行けていなかった 小谷城は相当むかしに行っていたが、HP用のいい写真が残っていなかった そういう訳で今回行くことにした

 梅雨の合間なので、天気をみながら彦根に宿をとった 写真はそのホテルからの彦根城の夜景である 堀脇のまことにロケーションのいい宿である

 閑話休題、翌日まず佐和山城に行った 登り口には龍潭(りょうたん)寺がある 井伊家が浜松から来るとき、分家したような寺で、現在も彼の地の井伊谷に同名のご本家がある

 その山門脇には石田三成座像があった そこから墓地を通って山道を上がる 途中にも廓はあまり残っていない 山上の本丸跡にも何もなかった ほんの少しの石垣と井戸跡があるだけだった

 関ケ原後、当地に転封された井伊直政以後、この城や他の城から材料を持って行って彦根城を作ったからである 良く言えば「廃物利用」だが滅んだものは儚い 

 小谷城には昼から行ったが、そこの方が廓跡や石垣が多く残っていた 城主はもちろん信長の妹「お市」の夫の浅井長政である 最後には信長に滅ぼされた この城で自害して果てた まことに儚い

 それでも3人の娘たちはそれぞれ後代の歴史を作ったことがよく知られっている 戦国の世は数えきれないストーリーを持っている


(内部リンク)
 近江国・石田三成居城・佐和山城(滋賀県)
  http://konotabi.com/Photo2017/JPNShigaSawayamajo/top.html
 近江国・浅井長政居城・国史跡・小谷城(滋賀県)
  http://konotabi.com/Photo2017/JPNShigaOdanijo/top.html

京都・桂昌院縁・善峯寺の春2017年04月28日 23時03分27秒

善峯寺の桜の谷
 京都の秋は素敵である だからと言って京都の春が負けているわけではない そういう町に年二回はきちんと行ってきた 今回は日本人と外国人観光客が比較的少ない場所である 最近の京都観光の人出はやや異常ともいえる多さである

 そういう中で比較的「地味」なのが「西国三十三か所」巡礼の寺である 以前、妻の「西国巡り」に付き合って訪れた寺であったが、春の様子が見たくて再訪した

 この寺は京都の西の山上にあって見晴らしが大変に良い さらに五代将軍綱吉の母である桂昌院に大変な縁がある 境内にも遺髪塚をはじめ、寄進により大いに復興した様子が見て取れる

 写真は「紫陽花と桜の庭」のうち「春の桜」の様子である 今年は遅かった京の春であったが、すでにソメイヨシノは終わっており紅の濃い八重の枝垂れは「春爛漫」を謳歌していた そういうすてきな光景である

 内部HPリンク:「善峯寺」
   http://konotabi.com/Photo2017/JPNKyotoSpYoshiminedera/top.html

20年ぶりのツェルマットとマッターホルン(スイス)2016年02月23日 23時39分35秒

世界の名峰・スイス・マッターホルン
 本当に久々にツェルマットを訪れた たぶん前回は1995年頃であったであろう その頃はまだネットもホープページ(HP)もやっていなかった 私が自分のHPを始めたのが2000年の冬、その頃初めてデジタルカメラを買った 今考えるととんでもない低性能のデジタルカメラだった

 それまでに、仕事でいたアフリカからヨーロッパにはちょくちょく行っていた スイスも何度か行ったが、後になっていざHPに載せる写真というとアナログ写真ばかりであった そのため「あのマッターホルンのデジタル写真をHPに載せる」というのが長年の懸案であった

 前置きが長くなったが、とうとう今回スキーでツェルマットに行った もちろんスキーも堪能したが、「あのマッターホルンの写真が撮れた」という満足でいっぱいである 写真に興味ない人からいうと「くだらないこだわり」であろうか

 町は以前より開けた感じだが、ガソリン・ディーゼル車は禁止ーというコンセプトは変わっていなかった 電気自動車と馬車が町を走りまくる あくまで「自然保護」が大切という姿勢だ 日本人も見習いたいところだ

 さてそういう長年の思いで撮った写真がいくらかある 上手くはないが興味のある方はどうぞご覧いただきたい

 >内部リンク:2016年のマッターホルンの写真
   http://konotabi.com/Photo2016/SwissZermattSkiarea/top.html
   http://konotabi.com/Photo2016/SwissZermattSkiarea2/top.html
   http://konotabi.com/Photo2016/SwissZermattSkiarea3/top.html
 
 >参考内部リンク:1984年のマッターホルンの写真
   http://konotabi.com/photoalbum/CH1984zermatt/zermatt.htm

真田氏の城・松代城(海津城)と町はいい雰囲気である2016年02月23日 21時58分22秒

真田のもう一つの城、松代城
 今NHK大河ドラマ「真田丸」の人気が高まっている 最近のNHKドラマとしては珍しく「戦国時代」が舞台で動きも早く、何より達者な役者を使い、さらに三谷の脚本がとにかくおもしろいのだ あの草刈正雄がまたうまい!「吉田松陰」は飛んでしまう

 前置きはさておき、このたび「信州スキー」の合間に松代に立ち寄った あの真田信幸(信之・信繁「幸村」の兄)が上田城から移封されて以後、明治まで真田家はしぶとく生き残った 「さぞや大河ドラマの真っ最中、人が溢れているだろう」と思いきや、冬の平日で薄ら寒い日のことで観光客は疎らであった 写真を撮る私には「渡りに船」であったが、やや拍子抜けもした

 歩くと町のあちこちに「真田六文銭」の旗がはためいている この町(長野市松代町)は真田無くしては存在し得ない感がある 全体にタイムマシーンで遡ったような雰囲気があり、名所旧跡の保存整備もしっかりしている 城も真田館も文武学校も想像力があれば雰囲気に浸れる

 「真田館」の受付嬢(元?)に尋ねると、「二人のようさんが撮影に来ました」という 信之(信幸)役の大泉洋と正室役の吉田羊だそうだ 写真を撮っていったという ただ「ここではまだNHKの撮影本隊は来ていません」という 「なぜこんなに観光客が少ないのか?」と訊くと、「上田城に客を取られています なにせ大きな城ですから・・」と仰った

 私も以前に上田城に写真を撮りに行ったが、なるほど城の構えも大きく縄張りも広い さらにあの真田昌幸が圧倒的に少ない兵で徳川秀忠の大軍を打ち負かした事実がある おかげで秀忠は関ヶ原に間に合わなかった 真田側から言うと「してやったり!」だ だから「真田といえば上田城」となるのも無理はない

 それでも徳川方について真田という家を最後まで「守りきった」兄も評価されるべきであろうか 負け戦に華々しく戦って、散って名を残すのよりも遙かに難しいことである 今は上田に負けている長野市もこれからもっと宣伝すべきであろうか? フレフレ長野!

>内部リンク「松代城」
  http://konotabi.com/Photo2016/JPNMatsusirojoCastle/top.html
>内部リンク「上田城」
  http://konotabi.com/PhotoAlbum3/2012JPNUedajo/top.htm

やはり美しい日本三名塔・瑠璃光寺五重塔2015年11月23日 00時46分36秒

秋の日本三名塔・瑠璃光寺五重の塔
 写真は山口市にある曹洞宗の瑠璃光寺の五重塔である 室町時代の1442年の建立である 屋根の反りが美しい「日本三名塔」の一つである 「三名塔」とは奈良・法隆寺、京都・醍醐寺とこの山口・瑠璃光寺の五重塔である

 山口は「西の京都」といわれる大内氏の城下町で、落ち着いた雰囲気の町で、後には戦国大名毛利氏の治めた町でもある 岡山出身の画聖・雪舟が晩年住み着いた場所で、各所に雪舟の足跡が残る

 この寺の境内は現在は香山公園として市民の憩いの場となっている 春は桜の名所、秋は紅葉の名所である 周辺には毛利氏の墓所や幕末・維新の旧跡も多い そういう落ち着いた場所である

世界遺産・ミルフォードトラックはすてき2015年04月24日 22時00分51秒

ミルフォード・トラックの最高地点マッキノン峠
 ニュージーランドの南島に世界遺産の「ミルフォード・サウンド」がある 氷河がつくった地形で今はすてきな湾になっている ノルウェー流に言えば「フィヨルド」である それは私たちが学校時代にテストでよく見た名前である ところが南半球にもフィヨルドがあったのだ

 そのエリアにやはり氷河が作った地形がある 「U字谷」という山間峡谷がすてきな景観をつくる さらに年降雨量6000-8000mmというとてつもない大雨がまた珍しい植生を生んだ コケとシダ類が繁茂するまるで恐竜映画のような舞台である

 そういうエリアに「世界でもっとも美しい散歩道」といわれる「ミルフォード・トラック」がある その全長はほぼ54km、およそ4日間でトレックする 世界のトレッキング・ファンからは「一度は歩きたいコース」として知られ喧伝されている

 此処を歩くのは私たちの前からの懸案であった それがやっと実現したのだから嬉しくないわけがない 参加したツアーのメンバーも「山歩き大好き人間」ばかりであった 「日本百名山」をすませたような健脚の方たちもいた ホテルでの話も花が咲いた

 そういうトレッキング・コースでの最高地点が1154mのマッキノン峠である 高さはさほどではないが、いろいろな意味で日本では得られない経験であった その詳細は下のマイHPでご覧頂きたい

  →内部リンク:「ミルフォード・トラックを歩く」
http://konotabi.com/NZMilfordsoundTour2015/top.html

クイーンズタウンの「謎の蒸気車」2015年04月15日 04時17分39秒

クイーンズタウンの謎の蒸気車
 ニュージーランドの南島にあるクイーンズタウンに行った 世界にはチャーミングな町がたくさんあるが、ここもその一つで「ヴィクトリア女王もきっと気に入るだろう」と名付けられたものだ もちろん女王は此処には来ていない!

 私たちはある旅行会社の「世界遺産・ミルフォードトラックを歩くツアー」に参加したが、この日は第二日目で翌日からのトレッキングに備えての説明会や事前準備のために町に出た 

 ここで絶対買わなければならないのが「虫対策スプレー」だ 日本で市販の虫除け薬は絶対に効かないというのである 後で分かったことだが、この「フライ」たちは道中所構わず「攻撃」してきたのである

 さて閑話休題、町中の目抜き通りを歩いていると、なにやら不思議な車がやってきた 人の歩く速度よりはかなり遅い 観光客たちがさかんに写真を撮っている 操縦者は二人、蒸気を残して去っていった いったい何に使う車だったのだろうか? ご存じの方はご教示願いたい

やはり志賀高原はすてきです2015年02月09日 15時49分01秒

志賀高原・横手山渋峠スキー場からの景色
 また今年も高速道路を9時間かけて来てしまった志賀高原 「日曜に出て日曜に帰ると、高速料金が安くなる!(むかしほどではないが・・)」)という私にカミさんが冷たく言い放った 「日数を減らすともっと安くなる!」 そういう冷たい視線にも負けずしっかり6日間滑ってきました(移動日2日)

 それにしてもスキーヤー、ボーダーが減ってしまった今年の志賀高原です 外国人の数も以前ほどはいません 平日などはコースによっては「貸し切り状態」 個人的には嬉しいのですが、この時期に稼いでいる職業の方たちは大変です それでもワンサカといる修学旅行生たちで何とかやっている様子、まさに「生徒さまは神様」です

 山は天気がくるくる変わります そういう中で快晴の一日、景色のもっと良い横手山エリア行きました ロープウェー頂上駅の昨年あった「スタバ」はなんと消滅! 代わりにロープウェー会社直営のカフェがありました 傍らの「日本一高いパン屋」は健在でした

 「日本で一番高いスキーエリア」標高2300mがウリのこの地域は、奥に渋峠という小振りながら景色と雪質はよいエリアがあります そこは白根山、浅間山、白馬連峰や日本海、天気の良い日は富士山上部までが見渡せる絶好のビューポイントなのです
上はその渋峠から撮った写真で白根山、浅間山と富士上部が見えています

 HP内部リンク:志賀高原のスキーエリア
http://konotabi.com/Photo2015/2015JAPShigakogenSki/top.html

まさに「秋は紅葉の永観堂」 in Kyoto2014年12月04日 00時26分04秒

紅葉の永観堂の鯉
 今年もやはり秋の京都にきてしまった 日本国中観光地は「掃いて捨てるくらい」あるが、やはり京に勝る物はない 外国人観光客人気でもNo.1を誇る 祇園、清水界隈などは外国人ばかりで、誰かが「わ~日本語も聞こえてきた~」と妙に感動していた

 そういう一般的な観光スポットのなかで、日本人が比較的多い秋の寺社は何といっても「紅葉の永観堂」だ 通常「えいかんどう」といわれるが、これは正しくは「ようかんどう」と読む

 以前も来たが、何度見てもすばらしい紅葉である 写真は内部庭園池の鯉である それ以外は下のリンクで見ていただきたい 説明は不要であろう

  内部リンク:「永観堂の秋」
  http://konotabi.com/photo2014/2014JPNKyotoYokando/top.html

フランス高速道路SAにいたべべちゃん2014年05月06日 19時33分43秒

何かに感動したべべちゃん
 フランスをドライヴしてきた フランスの高速道(自動車道)は有料と無料がある 無料の方が多いのだが、トイレやPAはほとんどない これに対して有料の方はSAやPAが充実して快適である

 写真はSAのレストランにいた母子である あまりに「聖母子」ばかりを見ていたので、この二人が慈愛に満ちたマリア様と幼子イエスに見えてきた

  …内部リンク:世界のこども
   http://konotabi.com/kodomo/world.htm